クレジットカード現金化、人気の理由とは?

利用者の増えてきたクレジットカード・ショッピング枠の現金化。
カード払いで物を買って売り、現金にする手法ですが、何が良くて人気なのか不思議に思っている人もいるでしょう。
今回はクレジットカード現金化が選ばれる理由について調べてみました。

お金が必要だけど、借りた記録を残したくないから

金融機関などからお金を借りた場合、信用記録として残ります。
返済さえきちんとしていれば問題ないのですが、やはり「借金=信用を失うもの」と考え、できるだけ信用記録を汚したくないと考える人は多いようです。
明細などが届いて、家族や友人に知られることを嫌がる人もいます。
クレジットカードの使用も厳密には借金ですが、あまりに普及したため、ありきたりな決済手段と認識されています。
時勢の流れからしても、これからも現金に変わる決済手段として使われていくでしょう。
現金化によって残る記録も「買い物」ですから、現金化した、借金をしたという証拠は残りません。

支払いはいつものクレジットカードで引き落とすだけ

通常の借入金やローンの場合、返済はATMやコンビニで行うのが一般的です。
店頭でしか返済できなかった頃に比べれば、ずいぶん便利になりましたが、それでもひと手間、外出してATMを探したり、あまり慣れない操作をすることになります。
一方でクレジットカードの現金化なら、支払いはいつものクレジットカードの引き落としで大丈夫。
明細を見られてもただ買い物をしただけの記録です。
支払先もクレジットカード会社=とても信用できる相手ですから、緊張しながら返済を意識することもないでしょう。
お金を借りた、という意識さえなくてすむかもしれません。

審査不要ですぐに受け取れる

現金化で利用者が行うのはあくまでただの「クレジットカードを使った買い物」です。
融資や借金の申込みではありません。
新たな審査が必要な借金とは違い、クレジットカードは作成時に既に審査を通過しています。
与えられたショッピング枠の範囲でなら、いつでも使うことができます。
24時間対応しているという現金化業者もあり、買い物をするだけで現金が手に入るという手軽さが人気です。
ただ、買って売るという、中古品の売買が発生するので、身分証明書が必要な場合があります。
購入時に「キャッシュバック」として現金にしてくれる業者にお願いするなら不要です。

借入限度額を超えてしまったから

貸金業法という法律で、借入は年収の3分の1までと決められています。
それを超えてしまうともう借りられない、審査を通過できなくなってしまうので、仕方なくクレジットカードのショッピング枠をう、という人がいるようです。
収入の3分の1というのは余裕を持って決められた数字ではあるでしょうが、強く言えば「最後の手段」として使われています。
返済できるめどがあるなら良いのですが、そうでないならおすすめできない使用方法です。
返済不能で被害を受けるのはクレジットカード会社のため、現金化業者は止めてはくれません。
致命的なことにはならないよう、お気をつけください。

まとめ

クレジットカード・ショッピング枠の現金化が人気の理由、わかっていただけたでしょうか。
借金としての記録が残らず、審査で待たされることもなく、支払いも楽。
そして最後の手段に成り得ます。
「なるほどそれなら使いたい」と感じましたか、それとも「それなら自分には必要ない」と感じたでしょうか。
疑問の解消に役立っていれば嬉しいです。