クレジットカード現金化、カード会社から電話があったらどう言い訳すればいい?

少しまとまった現金が必要な時に便利な、クレジットカードのショッピング枠の現金化。
法律違反ではありませんが「現金化を目的として」のショッピングは、カード会社の規約違反です。
利用停止などをくらわないため、カード会社から問い合わせがあった場合、どう答えるべきかをまとめてみました。

電話を無視しても何も良いことはない

カード会社としては「仕事として」あなたに確認しようとしています。
仕事なのですから「いつかけても出ないから諦めよう」とはなりません。
仕事が完遂できないうちは、業務として何度もかかってくるでしょう。
それでも電話に出ない場合、連絡が取れないとしてカードを利用停止される可能性さえあります。
もしあなたが電話が苦手で、挙動不審になってしまっても、向こうは「お客様の話を聞く」という仕事をしています。
嘘を見抜いて追い詰めるなんて全くの業務外、そんな態度でいたらカード会社のサポートの評価が下がってしまいます。
そもそも「現金化目的で」使っているかどうかなど、あなたの考えひとつでしかありません。
「そうではない」と言えば、それ以上の追求はできないのです。

カード会社からの電話は、そんなに危機的状況ではない

いつもよりたくさんの買い物をした時、いつもと違う場所で買い物をした時、カード会社から問い合わせがあるのはそんなに珍しいことではありません。
カード会社がまず知りたいのは「他の誰かに不正利用されていないか?」です。
盗難やスキミングで使用されていれば、カード会社の責任になる場合もあり、おかしな履歴には目を光らせているのです。
そしてこの疑惑は当人に「自分で使いましたか?」と聞くだけで解決するのですから、カード会社は積極的に行っているわけです。
一方でクレジットカード現金化疑惑の場合、確実にそうだとわかっているなら電話確認なんて無意味、即座にカードの利用停止などの措置が行われます。
つまりあったとしても疑惑の段階なので、はっきり「ただの買い物」と言いましょう。

そこまで詳細な言い訳を考えておく必要はない

一般的にショッピングをしたあと、なぜそれを買ったのかと聞かれても「欲しかったから」でしょう。
話し好きな人ならその品物がどんなに素晴らしいか語ってくれるかもしれませんが「欲しかったから」「好きだったから」で何も不審に思われることはありません。
自分が何を購入したかを答えられないのは困るので、それは把握しておきましょう。
もし忘れてしまっても焦ることはありません。
いつ何を買ったか忘れてしまうことなんて、別によくあることだからです。
「忘れてしまったので確認します」とでも言って、クレジットカードの履歴を確認すれば良いでしょう。
そして確かに自分が買った、欲しくて買った、ということを答えれば大丈夫です。

まとめ

カード利用者にとって恐ろしい利用停止措置ですが、このように、カード会社からの問い合わせはそれほど恐れるものではありません。
少しばかり挙動不審になっても言い切っておけば問題ないですし、買い物の理由はただ「欲しかったから」で充分です。
ショッピング枠を現金化してしまって怯えている、なんて人にストレスのない日々が戻ってくれば幸いです。