クレジットカード現金化の老舗について

クレジットカード現金化サービスを提供している店舗(業者)と一口にいっても運営と経営に一貫性が無い場合もあります。
現金化業界にも新参者が参入しているのですが、安心して利用するためには「老舗」を選ぶのが適しています。
これからその理由などをお話したいと思います。

クレジットカード現金化業者の歴史について

クレジットカード現金化がスタートしたのは1980年代と言われています。
その後、95年頃からインターネットで申込ができるようになり、ADSL回線が普及した2000年頃から店舗数が増加しています。
現在の主流は、実店舗を持たないオンラインサービスへと切り替わりつつあります。

業界として老舗と呼ぶには

信頼できる現金化業者と判断するには、実績が必要になります。
目安としては創業から5年で知名度があるといわれ、10年以上で認知度がある老舗といわれています。
クレジットカード現金化は、老舗サイトがオススメ!老舗サイトの探し方は?

老舗には優良店が多い

数あるなかから老舗を探すには、創業年度を目安にすることがポイントです。
安全・安心の歴史をもつ業者を見つければ、現金化も安心して行えます。
老舗と呼べる現金化業者は、長年に渡って営業しているので人気が高く、利用者から利用され続けています。
信頼度に直結しています。
古いものより新しいもののほうが性能も良いからという理由から、老舗より新規参入した業者を選ぶ方もいるでしょう。
しかし、これまでに培ったノウハウを駆使してサービスを提供するのが老舗のメリットです。
データ量の違いがあります。
老舗を選ぶことにより、接客対応の質の違いも見受けることができます。
カード利用状況に適した商品の提案をしてくれます。
カード利用停止リスクを避けるノウハウがあり、カード事故0件を続けています。
優良店の証拠になり得るメリットばかりです。

悪質業者との違い

インターネットが普及してからは、SNSや2ch、掲示板でも情報交換が盛んに行われています。
何かしらトラブルが遭ったらすぐに情報が拡散され、信用も落ちてしまいます。
悪質業者はそうした信用を得られずに閉業せざるを得なくなります。
悪質業者の多くはトラブル覚悟ですぐに雲隠れできるオンラインサービスに移行していて、実テンポでの運営・経営はあまり行なっていません。
一般に、設立してから10年存続する企業は全体の数%です。
そのため、長きにわたる功績は信頼の証にもなり得ます。
なので、悪質業者との差は信頼の違いになるでしょう。

10年以上の営業実績がある老舗現金化業者

「和光クレジット」は創業から14年間の老舗現金化業者です。
創業以来、カード利用停止やカード情報流出などのカードトラブルがありません。
個人情報もカード情報も完全守秘により安全性の高さを謳っています。
さらに、平均換金率の高さは業界トップクラスだといいます。「ゼロスタイル」は創業以来16年の営業実績がある老舗現金化業者です。
信頼関係が築けているため、利用者数は18000人を突破しています。
さらに、各種手数料、診断や見積もり無料を謳い、お得・安心・安全性の高いサービスを提供しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。
クレジットカード現金化業界において、老舗といえるのは創業10年以上です。
長きにわたる業績によって利用者も安心、安全に現金化サービスを利用することができるので、手間をかけても老舗になる現金化業者について調べてから利用することをオススメします。